劣等感が支配した青春時代

 

私は、モテルタイプの男ではありません。顔は自信ないし、スタイルも若い時から小太りぎみで足は短いし、おまけに毛深いし、外見的な劣等感はずっと抱いていました。