ハッピーメールで出会ったのは常盤貴子似の美人五十路熟女!目隠しプレイでイかされて…!

こんにちは。

管理人の勇太です。

 

最近の僕はもっぱらハッピーメールを使用しています。

それとはまってしまったのは五十路熟女。

 

ハッピーメールってエロい五十路熟女をゲットしやすいんです。 

 

ハッピーメールは五十路熟女の宝庫

 

「はぁ…。今日も怒られちゃったな」

仕事も出来ない、女性にもモテない。

 

そんな僕の唯一の楽しみは…。

「おっ!メールきてる!」

 

何を隠そう、出会い系サイトのハッピーメールで五十路熟女と出会うことなのだ。

 

「えーと、車で迎えに行きます…っと」

 

僕は仕事帰りの電車の中で、彼女に返信していた。

 

実は、僕は掲示板にとある投稿をしていたのだ。

 

内容は、「女性に積極的に虐められてみたいです。こんな僕でよかったらメールください」と言う感じ。

 

そこにとある女性から反応があった。

 

 

プロフィール写真を見ると、なんと常盤貴子似!

 

クールな感じの綺麗な女性だ。

 

プロフイール写真なんてあてにならないけれど、とりあえず会って見たい。

 

 

年齢は50歳代で僕よりちょっと上だ。

 

五十路熟女がねらい目だ!

 

30代、40代の人妻・熟女を多くの男性はセフレにしたいと望んでいるので、会うところまでもっていくのは厳しいものがあります。

 

そこへ行くと五十路熟女は人気が下がるので、出会える確率も高くなります。

 

それになんといっても五十路熟女のエロさはハンパない。

 

ハッピーメール登録は無料です。

五十路熟女といきなり川口のホテルへ直行

 

彼女曰く、今日にでも会いたいとのことだった。

僕は一度帰宅し、期待と不安に胸を膨らませながらも急いでスーツのまま車を走らせた。

 

彼女を乗せ向かったのは、川口市にあるホテルシエロ。

 

途中コンビニで何か摘まむものでも、と言ったのだけども、彼女は首を横に振るばかりだったのでまっすぐ向かった。

 

部屋に入ると、僕は思わず緊張に震えてきた。

 

 

そんな僕を、涼やかな視線でじっと見つめる彼女。

 

不意に僕のネクタイをほどくと、そのまま僕に目隠しをした。

 

そしてそのまま放置される僕…。

 

「あの…?」

 

一瞬、不安になる僕。

 

もしかして部屋に置き去りにされたのか…?!

 

「…あのっ!」

静まり返る部屋に、僕の声だけが響く。

 

…と、急に後ろから抱き締められた。

 

「怖かった…?」

 

彼女の声だ。

 

「…あ…よかった、僕…」

「可愛い」

 

首筋にキス。

 

「ひゃうっ…!」

 

僕は思わず声をあげ、そして股間を硬くした。

 

 

五十路熟女の目隠しプレイは快楽の極み

「ふふ。情けない声ね…凄く、可愛い」

 

不意に、乳首を「何か」で撫でられた。

 

「はあぅっ!…な、なんですかっこれは…っ!」

 

僕の言う事は無視して、彼女は僕の全身を「何か」で優しく撫でていく。

 

「ね、勇太さん…いっぱい声、出ちゃってるね」

 

「い、いやだっ…」

 

「ふふふ」

 

何処に何をされるんだろうという不安と期待で、僕の股間は爆発しそうになっていた。

 

「じゃあ…ここはどうかな?」

 

さわぁ…

 

「あ…っ!」

 

全身をびりびりと電流が流れる。

 

ぱんぱんに張り詰めた僕自身を「何か」でそっと撫でられたのだった。

 

「あっ駄目です、我慢できないですっ」

 

「筆で撫でられただけでイっちゃうの?」

 

 

あれは筆だったのか…!

 

 

「あっああっイくぅっ!」

 

びゅっびゅるるるっ!

 

瞬間、僕は思わず射精してしまった。

 

「あ~あ。もうイっちゃったの?おしおきしなきゃダメね…」

 

頭が真っ白になっている僕の事はおかまいなしに、彼女は突然僕の目隠しを外し、スーツのズボンを脱がせた。

 

そしてすかさず僕にまたがり、彼女のぬるぬるとしたそこにずぶっと僕自身をうずめた。

 

「あぁんっ!あっいいっ!きもちいいわぁ!」

 

「うっ!静さん、僕、僕…あうぅ…き、気持ちいいです…っ!」

 

 

「あんっ…はぁん…もっと気持ちよくなってぇ…!」

 

凄く気持ちいい…。

 

見上げれば、華奢で色白な彼女の柔らかな小ぶりの乳房が揺れている。

 

「あっ…凄いです、ぬるぬるで、あったかくて…き、気持ちいいです…!」

 

「はっあぁんっ!そうよ、いいわ…!」

 

 

そう言いながら彼女は今にもイきそうな僕をきゅうっと締め付けた。

 

「あっそんなに締めたら出ちゃう…中に出ちゃいますっ」

 

僕は堪らず下から彼女を突き上げた。

 

「あぁん!気持ちいいのぉ!もっと…もっとぉ!」

 

「うぅっ…出る、出る、中に出しますよ!」

 

「あっあんっ…し、勇太さん出していいわよ。!中にいっぱいちょうだいぃ!」

 

びゅるるるっ!びゅるっ!

「はぁ、はぁ、はぁ…」

 

 

トロンとした瞳で彼女は僕を見つめる。

 

「先にイっちゃったから、もう一回お仕置きが必要みたいね…」

 

「え…えぇ?!」

 

ぐぷっじゅるるっじゅぽっ

 

彼女は吐き出したばかりの汚れた僕自身をすっかり舐めあげた。

 

「ねえ、今度は私を目隠しにして、いっぱいイジメて勇太さん」

 

初めての目隠しプレイに僕は大興奮。

 

何も考えられなくなるほどの快楽に身を委ねていたのだった…。

 

優良出会い系ハッピーメールはこちらから