魅惑のメール術でセフレゲット!あなたはモテモテ人妻キラー

愛しあって結婚したはずなのに、気が付けば夫よりも魅力的な男性に出会い不倫関係に陥る…

そんなまるでドラマや映画の中のようなシチュエーションに、ひそかに憧れていませんか?

ただ、現実はそんなに甘くはなく、たとえ人妻と不倫したいと思っても、思ったようにうまくいかないのが現実です。

そこでここでは、人妻を攻略してオトせる、魅惑のメール術をご紹介していきたいと思います。

これで人妻を攻略できる!とっておきのメール術とは?

魅惑のメール術で人妻の心に火をつけよう

一見毎日を平穏に過ごしているように見える人妻も、日々の生活の中で実はさまざまなストレスを抱えています。

毎日休みなく家事や育児を頑張っても誰にも評価されず、特に専業主婦の場合は家族以外と話さなかった日があるなど、社会から取り残されたような閉塞感を感じることがよくあります。

また自由に使えるお金が少ないので、独身時代のように、友人と気軽にショッピングや旅行を楽しむことができません。

さらには女性として見てもらえることが少なくなり、たとえおしゃれしても、夫が誉めてくれることはあまりないという現実もあります。

きっと夫や子供など家族と一緒に暮らしている人妻は、ほとんどの人が日常的にこういったストレスを抱えているのではないかと思われます。

では、こんなストレスフルな毎日を送っている人妻には、どんな内容のメールを送ればよいのでしょうか。

そんな時には、相手を気遣うこんな内容のメールを送ってみましょう。

「お疲れさま、いつもがんばってて大変だね。○○さんはいつもきれいで可愛らしくて、ダンナさんがうらやましいです。今度一緒に食事でもどうですか?ゆっくりお話しましょうね。」

ポイントは相手の頑張りを認め、その上でねぎらってあげることです。

また、このメールを送る時には、タイミングを見極めることも非常に重要です。

例えば人妻とメールをしていて「これから子供を保育園に迎えに行かなきゃ」とか「今日は特に忙しくて大変だった」など、そういう普段の生活がチラッと垣間見えた時がメールを送るチャンスです。

「これから子供を迎えに行かなきゃ」に対しては「お疲れさま、いつもがんばってて大変だね。」、「今日は特に忙しくて大変だった」に対しては「たまには息抜きにお茶でもどう?ぜひごちそうさせて」

などというように、あくまでさりげなく気遣いの言葉をかけるのがポイントですよ。

メール文は相手の文章の長さに合わせよう

まだ実際に会う前は、相手とコミュニケーションを取る方法はメールのやり取りしかありません。

ですから、ここで相手の気持ちをしっかりつかんでおくように、メールでのやり取りを大切にしなければなりません。

面倒に感じるかもしれませんが、その先に人妻との不倫という楽しみがあるのですから、そこは少しの間我慢しましょう。

しかし、いくら気合いが入っているからと言って、無駄に長いメールを送るのはNGです。

人間は無意識に相手から送られたメールを見て、同じくらいの長さのメールを返そうとする意識が働きます。

そうすると相手に負担がかかり、メールのやり取りを億劫に感じるようになる可能性もあるので注意が必要です。

もちろん短すぎるのもよくないので、目安としては大体400文字前後が適当であると考えておけばよいでしょう。

Twitterなどは1投稿あたりの文字数が140文字までですから、その3倍程度がであれば誰でも読みやすいと言えます。

ただしこれはあくまで一般論であり、相手や状況によってはメール文の長さはもちろん変わっていきます。

ただ、相手から長いメールを送ってきた場合は、特に長さを合わせる必要はありません。

ざっと読んでみて、相手が共感してほしそうな部分を選んで文章を作れば、相手もきっと喜んでくれるでしょう。

女性が何か話をしたり相談したりする時は、解決策を求めているというよりただ聞いて欲しいという場合が多いようです。

ですから「そうなんだ、大変だったけど頑張ったね」という共感とねぎらいの言葉を返せば、相手もきっと満足するはずです。

メールの送るタイミングはあらかじめ確認しておく

人妻にメールを送る時には、送るタイミングはあらかじめ相手に確認しておくとよいでしょう。

例えば日中は夫は仕事に出かけていてメールはOKだけど夜はダメ、また夫が夜勤などの場合は昼間のメールはNGなど、それぞれの状況によりタイミングが違ってくるので、そこはあらかじめきちんと確認しておきましょう。

また、そういうことを事前に確認することにより「この人はちゃんとこちらを気を遣ってくれるんだな」と相手に好印象を与えることができます。

実際に会う前は少しでも相手によい印象を与えておけば、それだけ人妻と不倫できる可能性もアップしますよ。

メールを送る頻度としては、最低でも必ず1日1通は送り、できれば1日に大体3通程度が理想的であると言えます。

内容はあまり深くなくてもよいので、まめにメールを送らないと、会う前に自然消滅してしまう確率が高いので気をつけましょう。

自分のことをあまりネガティブに言わない

例えば「なんの取り柄もない安月給のおっさんなんですが、それでもよければお会いしていただけませんか?」というように、自分のことを必要以上にネガティブに表現するのはNGです。

結構こういう表現を使ったことがあるという男性も多いとは思いますが、これは自分にとって何のメリットもないですし、むしろ出会い系においては絶対に言ってはいけない言葉です。

だって自分に置き換えて考えてみてください。「なんの取り柄もない安月給のおっさん」に会いたがるような女性なんて誰もいませんよね。

例えばあなたがテレビを買うために家電量販店に行った時、店員さんから「このテレビは型番も古いし性能もいまいちですが、それでもよければ買っていただけませんか?」なんて勧め方をされたら絶対に買いませんよね。

だって、他にもっといい新型で性能の優れたテレビがたくさんあるのですから。

出会い系もそれと同じで、男性よりも女性に選択権がある場においてネガティブなことを伝えれば、自ら出会いのチャンスを逃しているようなものです。

「実際に会った時に、相手にがっかりされたくない」という気持ちはわかりますが、むしろ出会い系では自分をよりよく見せておいた方が、出会いのチャンスは広がります。

もちろん大きな嘘をつくのはよくありませんが、ばれない程度の小さな嘘ならついてもOKです。

むしろ、出会い系というのは、会うまでにいかに相手によい印象を与えることができるかが一番大切であるとも言えます。

逆に言えば出会い系に登録しているような人妻は何らかの寂しさ、あるいは欲求不満を抱えているわけですから、会うところまでこぎつけることができれば後はこっちのもの、であるとも言えます。

相手に拒絶されることを恐れることなく、ぜひ自信を持って前に進んでください。

実際に女性から拒否されたらつらいと思いますが、だんだん経験を重ねていくうちに割り切れるようになり、すぐに気持ちを切り替えられるようになりますよ。

人妻攻略メール細やかテクニック

何通かやり取り後のメール送信ストップ

これはちょっとしたテクニックですが、女性と何通かメールのやりとりを行ったら、1~2日ぐらい送るのをやめてみてください。

そうすると女性は不安になり、なぜ返信がこないのだろうとあなたのことを考えるようになります。

そのあと、何事もなかったようにまたメールを再開すれば、きっと以前より女性の方がより積極的になるでしょう。

質問の仕方もテクニックあり

メールを送る際には「○○は好き? 」などという簡単に答えられる質問をするのではなく、例えば「○○さんは映画が好きなんですよね? では一番好きな映画は何ですか」というように、話題が広がるような質問の仕方をしてください。

また自分が相手の質問に答える時にも、話が盛り上がりそうな答え方をすることも大切ですよ。

最初のメールの重要性を認識せよ

物事は何でも最初が肝心です。最初に相手にメールを送る時には、きちんと相手のプロフィールなどを確認して、相手が興味のありそうな内容をメールの中に盛り込んでください。

最初のうちは、メール返信をもらうことさえなかなか難しいものです。

できるだけ「あなたに興味を持っていますよ」ということをアピールして次のやり取りにつなげていきまょう。

メールの返信はできるだけ早く!

相手からメールが送られてきたら、できるだけ早く返信してください。

もしフィーリングが会えばメールをした初日からどんどんやり取りが進み、実際に会える日を早めることができます。

ただし、自分が返信した時になかなか返事が来ないからといって、しつこく催促するのはやめましょう。

ウザイと思われるだけではなくて、女性によってはそういう男性を「怖い」と思うこともあるので十分注意しましょう。

相手が書いたことにきちんと反応する

例えば女性が「今日は仕事がすごく忙しくて大変だった」というメールを送ってきたら「大変だったね。○○さんはがんばり屋さんだね」というように、相手が書いたことにきちんと反応してあげましょう。

相手のメール内容を無視して自分のことばかり書いていたら、すぐにメールの返信がこなくなってしまいます。

また、相手のメールに反応するとは言ってもあくまでも共感にとどめ、絶対に相手の意見を否定したり反論したりしてはいけません。

相手の名前をメールの本文に書く

人は、自分の名前を呼ばれると自分の存在を認められていると感じます。

「○○さんは、読書が好きって言ってましたよね」というように、メールの中には、必ず相手の名前を入れるようにしてください。

もちろん、実際に会った時も同様で、会話の中に相手の名前を入れることを心がけましょう。

また、最初に「あなたのことをなんて呼んだらいいですか?」と聞くようにすると好感度がアップしますよ。

メールで上手に自分の気持ちを伝える方法

メールは今や誰もが気軽にを使っているツールですが、実はメールで自分の気持ちを相手に伝えるには、少しコツが必要です。

例えば、大して親しくもない相手に、いきなり「好きです、すぐ会いたい」などといメールを送ったとしたら、きっと相手は引いてしまいますよね。

しかしすでに自分と付き合っている大好きな相手に、同じような内容のメールを送ったら、きっとすぐに「私も今すぐ会いたい」というようなメールが返ってくることでしょう。

このように、相手との新密度や距離感によって、メールでの表現方法を変えることはとても重要です。

では出会い系で知り合った相手には、どのようにして自分の気持ちを伝えていけばよいのでしょうか。

出会い系においては、まず最初のうちは、さりげなく相手を褒めることから始めましょう。

そうやって親密度が上がってきたと感じたら「○○さんとメールしているとても楽しい」などと自分の気持ちを率直に伝え、少しずつ距離を縮めていくようにしましょう。

それでもし「私も、△△さんと話していると楽しいよ」というような返信が返ってきたら、思い切ってデートに誘ってみるのもよいかもしれませんね。

人妻の承認欲求を満たすメールを送ろう!

承認欲求とは「誰かから認められたい」という人間の感情です。

特に人妻を含め、ある程度人生経験を積んできている人の多くは、この承認欲求を持っています。

ただし人妻は、日常生活の中でなかなか自分の頑張りを認めてもらえないことも多く、承認欲求を満たされることがなく、このことがかなりストレスとなっています。

ですので、人妻にメールをする場合は、承認欲求を満足させるような言葉を選び伝えると「この人は私の存在をちゃんと認めてくれている」と感じ、好感を持つようになります。

さらに「○○さんはいつもキレイだよね」とか「こないだのワンピース、すごく似合っていて可愛かったよ」など相手を誉める内容のメールをこまめに送れば、自分が一人の女性として扱われていると感じ、気持ちがあなたに傾いていくでしょう。

あなたも人妻に魅惑的なメールを送り、楽しいひとときを過ごしてみてはいかがでしょうか。

最後に一言

人妻攻略メールにはちょっとしたテクニックが必要です。

テクニックといっても決してむずかしいものではなく、誰にでも容易に攻略メールを送信することが出来ます。

本文に記していることを実行すれば、人妻を落とすことは難しくはありません。

本文を頭に入れて、まずはメールで人妻攻略に取り掛かってください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする