出会い系サイトで女性から8割返信メールがもらえる簡単テクニック

出会い系サイトで女性と出会う為に「返信がもらえるメールの書き方」をお知らせします。

返信メールがもらえないと出会いへと繋げることが出来ません。

返信メールがもらえる簡単テクニックの本文を理解して、出会いを成功させましょう。

出会い系で返信メールがもらえる5つの基本

出会い系サイトでは積極性プラス新着女性がねらい目

出会い系サイトでは、無料できる掲示板や日記を使うことで、女性からメールをもらえることもたまにあります。

しかし、待ちの姿勢ですといつまでたっても出会えない状況になりやすいです。

ここは、あなたから積極的に女性へメールしましょう。

積極性が出会いの第一歩と心得てください。

尚、返信がもらえる女性を捜すポイントは、新着の女性が狙い目です。

但し、注意点としまして、ただやみくもに文章を作ってメールしても、なかなか返信はされません。

なぜなら女性には、毎日多くのメールが送られてきているので、全部のメールに目を通すことがないからです。

ですから、返信がもらえるようメール文書を工夫する必要があるのです。

出会い系の女性のプロフは全て読む

出会い系サイトへ登録している女性には、多くのメールが来ます。

但し、“どこの誰”に送っているのか不明で、同じ文面を多数に送信しているとしか思えないメールを多く受信するようです。

この種のテンプレ系のメールは女性が受け取ったにしても、返信どころか読まれることはないでしょうね。

また、件名に「直アド交換希望」と記載など、1通目のメールにもかかわらず、厚かましい依頼はご法度です。

「ポイント勿体ないから直アド教えて」と強要してみたり、ラインIDを送り付けたりするのはもってのほかです。

女性へメールを送る時は、必ず女性のプロフを全て読んで下さい。

対象女性のプロフに記載している内容に、マッチした文章をメールしてあげないと、返信してもらえないと心得て下さい。

出会い系でタイトル(件名)は命と心得よ!

どれだけ素敵な文章を苦労して制作しても「メールが開封」されない場合は、全く意味はありません。

前記しましたように女性はサイト内の男性から、毎日すごい数のメールが届きますので、開封されるような工夫が必要です。

多くのメールより「あなたのメール」を優先的に読んでいただくには、女性がメールを読みたくなるタイトルを記載することが大事です。

出会い系では女性と共通の話題を見つけよう

女性のプロフで、あなたと会話が成り立つような共通の話題を見つけましょう。

プロフをしっかり読めばどこかにヒントはあるものです。

今どきの女性は、ツイッターやブログ、そして出会い系サイトで男性とのメールのやりとりに慣れています。

できれば差別化のために切り口を変えたり、視点を変えたりしてメールの文章を作成してください。

「質問系のメール」を多用しますと、女性はあきあきして返信する気力もなくなってしまいますので、最小限にとどめましょう。

尚、ファーストメールでは、それとなく目立つ工夫も必要です。

「友達になる気ありあり」の勢いで会話が成り立つ文章を制作しましょう。

自己紹介はしつこくならない程度に

女性へファーストメールを送る時は、まるで婚活でもするような勢いで、自分のPRを長文で記載する方もいます。

自己紹介を長文で記載すると、女性はドン引きしてしまいますから、絶対にやってはいけません。

簡素過ぎるのも熱意が無いと受け取られるので、注意が必要です。

最低限、簡単なお仕事やお住まい、年齢ということにも触れて、くどくならずに纏めるくらいのレベルで文章を作成してください。

出会い系で返信の確率を上げる5つの手法

相手の名前をタイトルに掲載

一番ポピュラーなやり方ですが「○○さん、はじめまして。」というように、○○箇所へ相手の名前を記載することです。

女性のハンドルネームが記載しているので、自分だけに送られてきたメールと理解できるので、おおむね開封されます。

気持ちをストレートに掲載

あなたが送信するメールは、絶対に女性に見てほしいメールですよね。

少々ずうずうしいようですが、ストレートに見てほしいという希望をタイトルへ掲載します。

「※重要※○○さん必ずご確認お願いします↓↓」「○○さん必ずこれ見て下さいね。↓↓」

メール見てどうしても受け入れられないと、直感で拒否する女性もいますが、比較的このタイトルは開封率が高いです。

タイトルで強引にメールを開封させるように仕向ける場合は、「メール文章はしっかり書くこと」を忘れないでください。

折角女性はメール開封してみたら、中身の薄い内容がつづられていたなら、絶対に返信がもらえることはありません。

ファーストメールは簡単な自己紹介程度

ファーストメールでは、基本的に簡単な自己紹介程度でOKです。

このメールに返信が来て相手がいろいろ尋ねてきたら、そのメールへ返信する際に詳しく自己紹介をしたらよいです。

但し、その場合でもあまりも長文過ぎる(重い自己紹介)のは良いイメージを植え付けることができないので、程よい長さにとどめておきましょう。

メールした理由を明確に

対象女性へメールを出した理由を明確にします。

相手のプロフ(趣味など)をよく読んでメールしていることを、相手に知ってもらうと返信率が高まります。

何回かこのサイト内で触れていますが、出会い系サイトで「会えない男性」は無差別に女性へテンプレ文章を送り付けます。

このような男性と区分してもらう為にも、「あなたのプロフを見てメールしましたよ」ということを感じてもらう必要があります。

「共感できる」話題があったのでメールを送信しました、ということを理由付する必要はあります。

気持ちはストレートに表現

出会い系サイトに登録している女性には、意味もなく単純に自分の話を聞いてほしいだけのメールも来るようです。

返信を求めていない「通りすがり」の男性からメールが来ることが少なくないので、そんなメールと一緒にされないように手を打ちましょう。

女性に対して気になる存在ゆえメールしたのであって、必ず「返信お願いします」と明確に記載してこちらの意図するところを伝えましょう。

相手の女性に対して気持ちをストレートに表現してください。

まとめ

出会い系で出会う約束を勝ち取るためには、メール戦術を理解することが大切です。

出会い系で返信メールがもらえる5つの基本を頭に入れて、メール作成に取り組みましょう

出会い系で返信の確立を上げる5つの手法を実行して、メールを発信しましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする