出会い系で割り切りの意味を正しく理解しトラブルを未然に防ごう!

出会い系で割り切りという言葉を正しく理解していない人が意外と多いです。

 

割り切りという言葉を取り違えてトラブルにならないように気を付けましょう。

 

出会い系を既に利用している人も、これから利用しようと検討している人も

 

割り切りの意味を理解して出会い系ライフをエンジョイしてください。

 

一般的な「割り切り」の意味とは?

突然ですが、もしあなたが出会い系サイトで出会った相手に「私と割り切りの関係になって下さい」と言われたら、どんな風に思いますか。

 

きっと人によって捉え方はさまざまだと思いますが、実は「割り切り」という言葉が大きく分けると2つの意味に分けられます。

 

「私と割り切りの関係になって下さい」という言葉の認識が男女で違っていた場合、トラブルに発展してしまう可能性がないとは言い切れません。

 

そこでここでは、割り切りという言葉の意味について、詳しく見ていきます。

 

まずは割り切りという言葉が、一般的にどのような意味で利用されているのかについて見ていきます。

 

一般的な意味では、割り切りは大人の関係や体だけの関係のことを表しています。

 

分かりやすくいうと、お互いに感情を持ちこまずにセックスだけの関係を続ける、セフレの関係に近いと言えるでしょう。

 

セフレに恋愛感情を持ち込むことはタブーとされており、さまざまな恋愛経験を経て、男女の駆け引きが面倒臭いと思う人がよくこの関係を利用します。

 

また元恋人同士なども、セフレになりやすい関係と言えるでしょう。

 

インターネット上で使われる際の意味とは?

では次に、インターネット上ではどんな意味で使われるのかを見ていきましょう。

 

割り切りという言葉がインターネット上、特に出会い系サイトなどで使われる場合は、一般的な意味とは全く違ったものになってしまいます。

 

インターネット上での割り切りとは、男女の関係を持つたびに金銭のやり取りが発生する点が、一般的な意味とは大きく異なります。

 

つまりインターネット上では、割り切りという言葉が援助交際の隠語として利用されているということのようです。

 

割り切りはグレーゾーン解釈は自由

ここまで割り切りという言葉が持っている一般的な意味と、インターネット上で使われる場合と2つの意味について見てきました。

 

この時点で、インターネット上の割り切りの場合は、金銭のやり取りが絡んでくるため、違法なのではないかと思う方もいらっしゃるのではないでしょうか。

 

ましてや援助交際の隠語として使われているのであれば、かなり危険であると言えますよね。

 

結論から言うと、割り切りの出会いは現在のところ、グレーゾーンであると言えるでしょう。

 

このグレーゾーンであるという理由は、割り切り自体は売春や買春にもあたりませんし、違法性もないからです。

 

ただし、例えば割り切りをする相手が未成年などである場合は、違法性が出てくる可能性があります。

 

売春や買春とは、自分の意思で肉体関係を持つ相手を自由に選べない状況のことを表します。

しかし出会い系サイトなどに場合は、自らの意思で割り切りの相手を探し、セックスをする相手を自由に選ぶことができます。

 

また、気にに入った人がいなければセックスをしないという選択をすることも可能なので、違法ではないということになります。

 

ただし、割り切りの相手を探している人の中には実は援デリも含まれており、関わり持つと違法である可能性が出てきます。

 

援デリとは管理売春とも呼ばれ、援デリを行う女性達は会社により管理されています。

 

この場合、どの男性の所に派遣されるかは会社が決めることになっており、そのため援デリの女性達は自分達の意思で相手を選ぶことは出来ません。

 

援デリの女性は連絡を受け待ち合わせ場所へ行き、その男性とセックスをして金銭の授受を行います。

 

例えば援デリを行った会社が摘発を受けた場合、肉体関係を持った人も警察から事情聴取などを受ける場合もありますので、注意が必要です。

 

男女の割り切りという言葉に対する認識の違いとは?

出会い系サイトを初めて利用する人や、またあまり使い慣れていない人は、割り切りという言葉を聞くと、セフレを想像する人が多いようです。

 

しかし出会い系サイトにおいてセフレを探している女性は「セフレを探しています」と掲示板に書き込みをするため、割り切りという言葉を使ってさがしている人はほとんどいません。

 

この男女の割り切りという言葉に対する認識の違いが、誤解を招く原因となってしまいます。

 

実際、割り切りで出会った男女が関係を持った後に、お金を払う、払わないでトラブルになるといったケースもあります。

 

また、割り切りの出会いに必要な金額についても、男女の間で認識の違いがあるようです。

 

それは出会い系サイトなどの掲示板にでは、グレーデーンである割り切りの出会いの金額を、堂々と書き込むことができないからです。

 

とにかく男女の間でお金に関わるとトラブルになりやすい傾向があるため、割り切りの出会いの際には注意が必要です。

 

出会い系で援交や業者じゃなくて素人のセフレを見つける方法とは?

割り切りと他との区分の違い

割り切りの出会いには、金銭のやり取りが発生するのは先程も説明しましたが、お金のやり取りが発生するからといって、かならずしも違法であるとは限りません。

 

そこでここでは、割り切りと他の関係との違いについて詳しく見ていきます。

 

関連記事

出会い系で援交や業者じゃなくて素人のセフレを見つける方法とは?

 

 

割り切りと売春との違い

売春は、肉体関係を持った際に金銭のやり取りが発生するという点が共通しているため、割り切りと混同されることが多いようです。

 

しかし、売春と割り切りは全く別のものです。

この点については先程も少し述べましたが、大切なことなので、改めて説明したいと思います。

 

売春と割り切りの決定的な違いは、お金を受け取る側、つまり女性が関係を持つ相手を、自分の意志で自由に選べるかどうかです。

 

自由に選べない場合は売春、選べる場合は割り切りとなり、しかもこの違いは万が一違法性の有無を問われた場合にも有効となります。

 

例えば恋人同士がプレゼントを贈ったりセックスする場合も、直接的な金銭のやり取りではありませんが、広いの意味では金品の授受があるということになります。

 

しかし、お互いに自分の意思で相手とセックスしているわけですから、罪に問われることはありません。

 

割り切りと愛人との違い

愛人は、金品のやり取りが発生するという点では、割り切りと似ている関係性であると言えます。

 

しかし、愛人関係は肉体的なつながりだけでく、どちらかと言えば恋愛関係に近い側面も持ち合わせています。

 

また、割り切りは一時的な関係になる場合がほとんどですが、愛人は関係が長期に渡る点が大きな違いであると言えます。

 

さらに愛人関係は、裕福な男性からの方から女性に関係を持ちかけるのが一般的となっています。

 

金銭のやり取りについても、割り切りの場合は1回につきいくら、というやり取りになりますが、愛人関係は月単位でのやり取りがほとんどです。

 

こうしてみると、愛人関係は割り切りの関係に比べると、大人の男女がお互いに楽しむための関係であると言えるでしょう。

 

参考記事

出会い系サイト初心者でも出会える確率7割の必勝方法とは?

 

割りきりとセフレとの違い

セフレは割り切りの関係と全く違うものであるものの、非常に間違えられやすいのが特徴です。

 

特に出会い系サイト初心者の男性は、セフレと割り切りを間違えるケースが多いようです。

 

これはドラマなどで、セフレ同士で「お互い大人だから、割り切った関係でいましょう」などというセリフがあるため、勘違いしてしまうようです。

 

しかし、この間違いは直接男女間のトラブルに発展してしまう可能性があるので、その違いについては正しく認識しておかなければなりません。

 

セフレは金銭のやり取りがなく、恋愛感情を一切持ち込まずにセックスをする関係です。

 

出会い系サイトの掲示板に、女性が「これから割り切りで会いませんか」などと書き込みをしていると、男性はセフレを探しているのだと勘違いしてしまいます。

 

しかしこの場合実は女性は実はセフレを探しているのではなく、割り切りという言葉を援助交際の隠語として使い、金銭のやり取りが可能な相手を探しています。

 

この認識の違いを抱えたまま男女の関係になると、お金を払う、払わないのトラブルに発展してしまうのです。

 

出会い系での割り切りという言葉をきちんと理解して、男女ともに良き関係が築けることを望んでいます。