ハッピーメールで知り合った横浜の看護婦はストレスだらけの淫乱女

出会い系サイトを使っていてよく見る女性の職業は、以外ににも「看護婦」が多いのです。

 

看護婦の悩みは出会いがないこと。

 

出会い系で看護婦に出会えたら、ラッキーです。

 

もうそれだけでエッチが出来る可能性大です。

 

出会い系で知り合った看護婦とのエッチについてお話しします。

 

ハッピーメールで看護婦と知り合う経緯

看護婦は出会い系ではじける

 

看護婦は女性中心の職場でもあり、OLに比べると拘束時間が長いのが玉にきずです。

夜勤などもあるため、なかなか男性と知り合う機会がありません。

そのため、こっそり出会い系に登録する人もちらほらいるのです。

 

激務のためか看護婦はストレスをいっぱいため込んでいます。

 

その分、エッチの時ははじけまくり、半端ない淫乱女に変貌するという話はよく耳にします。

 

看護婦はけっこう積極的な人が多く、「土日とかに会いませんか?」と、驚くほど無防備で早い段階でアプローチしてくることが多いです。

 

恐らくは職業の影響が、押しの強さに繋がったり、積極的な性格に変貌させているのでしょう。

 

看護婦との出会いは上司の妻の影響

 

数年前の話ですが、ハッピーメールで看護婦と関係を持ってしまったことを話しますね。

 

私は結婚していて普通のサラリーマンですが、正直気になる人がいました。

私の上司の奥さんなんですが、これまた本当に美人で性格もいいんです。

 

上司の奥さんは誰が見ても美人と思うような容姿をしています。

 

上司夫妻は子供がいないせいか、奥さんはフルタイム、看護婦として働いています。

そのせいか、私には看護婦に対してのあこがれをいつしか持つようになりました。

 

しかしさすがに上司の奥さんに詰め寄るとマズい。

 

仕事もそうだし、私の妻と上司の奥さんは比較的仲良しなので絶対それは避けたいところだ。

正直抱きたくてたまらないが、仕事も家庭も失うのでさすがに我慢しなければばらない。

 

ハッピーメールで熟女狙い

 

そんな中、私の同僚が最近、看護婦と出会って一発キメてきたらしい。

 

彼は正直顔もあまり良いほうでもないし一体なぜ??

コンパではイジられキャラだし会社でもイジられキャラだしどうも不思議でしょうがない。

 

ちょうど今上司達がいないのでこそっと聞いてみることにした。

 

私『おう、最近人妻とヤッたらしいな』

 

同僚『なんで知ってんだよ笑 お前ハッピーメールって知ってる?』

私『聞いたことはあるけどほんとに出会えるのか?』

 

同僚『出会えるからヤッたんだろ笑 お前も最近溜まってんだろ?』

確かに私は上司の奥さんが気になるし溜まってもいる。

 

正直妻には悪いがここは同僚のいうハッピーメールを使ってみることにしたんだ。

 

早速サイトを見てみると若い子もいれば20代、30代や40代なんかもゴロゴロいる。

 

上司の奥さんは40代だけど、若く見えるし、大人の魅力も持ち合わせています。

だから私も奥さん同じくらいの年齢の人を狙うことにしました。

 

色々見てみると1人気になる人を見つけた。

ハッピーメールで知り合った看護婦とのエッチは最高

看護婦と横浜駅で待ち合わせ

 

看護師で40歳、既婚者で子持ち。

 

メールを何通かしていると夫とは完全に冷め切っていて1年以上レスらしい。

女性の40代は性欲が一気に上がるから遊びたい気持ちも分からないこともない。

 

顔もキレイ系で目がパッチリして身長も153cm、更にはDカップで完全に私好み。

 

看護師なので仕事が忙しいらしく、次の金曜日が休みらしいのでその日に会うことに。

 

旦那は仕事で子供は学校なので私としても丁度好都合だ。

 

そして当日。

私の下半身は興奮を抑えきれなくなってきた。

 

見た目もタイプだし、どうやら舐められるのが好きらしく攻め好きの私としても本当に相性が良い。

 

仕事も終わり、横浜駅の改札口で待ち合わせ。

写真と同じ人がいたので声をかけることに。

 

横浜のスタバからラブホテルへ

 

私『こんばんは、ちはるさんですか?』

ちはる『はい、そうです』

 

正直写真よりかなり美人で私は本当に今からこの人とH出来るのか夢みたいに思えた。

横浜駅のスタバで軽くお茶を飲み、そのまま近くのホテルサラサというラブホテルに向かった。

 

ちはるの顔がどんどん赤くなってきた、興奮してるんだろうか?

 

ホテルに着いて部屋のドアを閉めるとちはるが濃厚なディープキスをしてきた。

ちはるの唾液の良い匂いが興奮いてくる。

美人の唾液ほど美味しいものはない。

 

お互い舌を絡ませながらちはるの服を脱がしていく。

旦那とはレスだったので物凄い舌を入れてクチュクチュと舌も絡めてくる。

 

女性の性欲は本当に強い。

 

服を逃がしてちはるの乳首を舐めてみる。

 

『ああん、私乳首感じるの』

 

ちはるはくねくねしながら私に抱き着いてきた。

乳首を舐めながらちはるのマンコも触るとビックリするくらい濡れている。

 

中指でちはるの中に入れるとちはるの甲高く色っぽい喘ぎ声部屋の中に響き渡った。

 

今度は人差し指も入れると更にちはるは感じている。

『あっあっ、いっぱいクチュクチュってして、あああああああ』

とんでもないくらいエロい。

 

私のも舐めてもらおうとパンツを脱いだ。

 

ちはるの口の中は温かく、舌もキスの時と同じように絡めてきてこれは癖になる。

 

ジュポジュポと音を立て奥までしゃぶってのらうと気持ち良すぎてイキそうになるが我慢。

 

ハッピーメールで出会った看護婦は淫乱

 

今度は私が舐める番だ。

ちはるのマンコは無臭でクリも大きく、これは相当感じるタイプだなと思ったらやはりそうだった。

 

クリも舐めた途端

 

『ああああん、ああ、あっあっ、あああああん』と凄い感じている。

これは男ならかなり燃える反応だ。

中まで舌を入れるとちはるはビクビクと何度もイッた。

 

『もう我慢出来ない、入れて』

 

こう言われたら断る男性はいないだろう。

 

私は素早くゴムをつけて挿入した。

 

『やああああん、きもちいいいいい』

 

中でちはるの愛液がドバドバ出ているのが分かった。

本当に感じやすい。

 

生でやりたかったけど、「ゴムつけてね」と念を押されたので仕方がない。

バックで突くたびに

『ああああん、もっと突いてええええええ』

と部屋の中に喘ぎ声が響く。

 

そろそろ私も限界がきたのでフィニッシュ。

 

ちはるの中で果てた。

 

ちはるは『こんな気持ちがいいセックスひさしぶりだわ』

 

『夫とはセックスしていないし、仕事でストレスたまるし』

 

『私、凄い声出していた?淫乱かな?』

さすがに『淫乱だね』とは言えず、『もっと凄い声出して喘ぎまくっている人いるんだよ』

 

慰めの言葉にはならないと思うけど……….。

 

今まで出会ってきた女性の中で1番エロく、1番気持ちいHだった。

 

そしてホテルを出て私達は次の日の会う約束をして解散したのでした。

 

まとめ

 

看護婦は出会いの場が少ないので、こっそり出会い系を利用している人が多い。

 

上司の妻に触発されて看護婦にあこがれを持ってしまった。

 

ハッピーメールで知り合った看護婦と横浜で濃厚なエッチを体験した。