YYCで出会った上司の奥さんとクビ覚悟のベットイン

あなたは、出会い系がきっかけで、待ち合わせた相手が偶然知り合いだったらどうしますか?

 

 

お互いが好意を抱いていたのなら、好都合だと思います。

 

 

そんな奇跡がYYCで起きたのです。

 

 

YYCで上司の奥さんと遭遇ありえない奇跡

 

YYCで上司の奥さん似の人妻さがし

 

私の上司の奥さんは本当に綺麗で正直今気になっている。

 

しかし、さすがに上司の奥さんには手が出せない。

 

 

手が出せないうっぷんを晴らすためではないが、もやもやが止まらないのでに出会い系に登録。

 

 

YYCというサイトで私の同僚も先日35歳の人妻とHしてきたらしい。

 

同僚の話だとYYCはかなり綺麗な人が多くらしい。

 

 

始めは本当に出会えるか分からず不安だったようです。

 

 

実際待ち合わせると本当に会ってHしたので、それからはどっぷりハマッているらしい。

 

 

なので私も、YYCで上司の奥さんのような綺麗な方をゲットできるよう目標を立てた。

 

YYCのプロフィールを入念に設定する。

 

 

ここを適当にしておくと、メールの返信がこなくなる可能性もあるので、詳しく書くこともオススメする。

 

 

設定が終わると早速上司の奥さんに似た人妻を探すことに。

 

でも、殆どの人は、まともな顔写真なんか載せていない。

 

上司の奥さんは柔らかい雰囲気で優しい笑顔。

 

 

更に身長は150前半で胸はEカップ。

 

 

リアルでも探すのが大変なくらいの女性だし、出会い系でもそう簡単ではない。

 

プロフィール等で、感じのよさそうな女性を見つけた私は、早速何人かの女性にメールを送信した。

 

 

そして1人返信があったので受信BOXを見ると、私が1番狙ってた女性だったので本当に嬉しかった。

 

 

顔ははっきり分らないが、雰囲気が上司の奥さんとそっくりです。

 

 

YYCで出会ったのは本物の上司の奥さん

 

 

水曜日の昼間に会おうと言われたので私は有給を取り相手のスケジュールに合わせた。

 

 

そして当日、ドキドキしながら待ち合わせ場所に足を運んだ。

 

 

待ち会わせは新宿南口にあるサイゼリヤで、余裕をもって15分前くらいに到着した。

 

 

車の窓をコンコンとしてきたので私は笑顔でどうぞと言って助手席のドアを開けた。

 

なんとそこには上司の奥さんが。

 

私は目を疑がったが上司の奥さんは手でシーっとしながら私の車に入ってきた。

 

『旦那には内緒にしておいてくださいね』

 

 

笑顔でそういうと奥さんは前から私のことが気になっていたことを明かしてくれた。

 

 

そして私も前から奥さんが気になっていたのだと明かした。

 

 

奥さんは、待ち合わせの相手が、なんとなく私であることを予見していたようです。

 

YYCに私が登録した情報をどこからか得ていたようです。

 

 

サイゼリヤでランチの予定だったが、お互いの気持ちを知って気持ちが高まってきたのでそのままホテルに向かうことに。

 

ホテルは新宿にあるステラートというホテル。

 

 

前も使ったことがあって気に入ってるので今回もそこに決めた。

 

YYCで起きた奇跡を生かすべくホテルへ直行

 

 

YYCで出会った上司の奥さんとホテルへ

 

 

部屋の着くとお互い見つめ合う。

 

 

憧れの女性とホテルにいるので正直夢みたいだったが、私は奥さんを優しく抱きしめた。

 

小柄な身体で優しそうな笑顔が本当に可愛い。

 

なんで出会い系使っているんだろうか。

 

 

少し疑問に思ったが、気にせず奥さんにキスした。

 

 

奥さんの口の中に舌を絡めると、奥さんも私の舌に絡みついてきた。

 

 

憧れの女性と今キスしている、私は興奮して頭がおかしくなりそうだった。

 

 

キスを一旦やめた時に『ねえ、お風呂に入ろう、お湯入れてくるね』

 

『お湯溜まるの少し時間かかるね』風呂場から戻った奥さんは、再びキスをしてくれました。

 

 

お湯が溜まってから、二人は裸になってお風呂にザブーン。

 

 

お風呂の中で奥さんが、乳首をチロチロと舐めてきた。

 

 

意外とSなんだろうか?

 

 

乳首を舐めながら私はお風呂の淵に座らされ、下半身を優しく口で愛撫してきた。

 

 

奥さんの口の中は温かくて唾液がねっとりしてフェラが本当に上手い。

 

舌をカリに絡めてきて私は思わず声が出てしまった。

 

『イキそうです、出していいですか』

 

 

そう言った途端、奥さんの許しを得ないまま奥さんの口の中に出してしまった。

 

『もう、イッちゃったの、今度は私を気持ちよくさせてね』

 

YYCで出会った上司の奥さんと激しくエッチ

 

 

お風呂から上がって、少し休んでからべっドで2回戦開始です。

 

 

奥さんは自分のクリを触りだした。

 

 

あっあっああああん。

 

この見た目でここまでエロいと私も襲いたくなる。

 

 

『私がクリちゃん触ってあげるよ』

 

 

『やだ、恥ずかしいから電気消してください』

 

その恥ずかしそうな表情が本当に可愛い。

 

 

私は素直に電気を消して奥さんの押し倒した。

 

 

首や耳を舐めると可愛く喘ぐ。

 

声が高めで私の下半身にダイレクトに響いてきた。

 

乳首もピンクでビンビンに立っているので夢中にしゃぶって攻めた。

 

 

それと同時に奥さんの中に指を2本入れて優しくかき混ぜる。

 

 

あっあっあっああああああああああああ。

 

 

奥さんの喘ぎ声が大きすぎて隣の部屋に聞こえないか心配になるくらいだった。

 

 

ひたすら攻め続けた。

 

その度に奥さんは大声で喘いで何度もイッた。

 

 

私もそろそろ限界になったので奥さんの中に生で挿入。

 

奥さんは自分で腰を振って3回も連続でイッてしまった。

 

私も夢中でバックで犯してフィニッシュ。

 

 

それから奥さんとは定期的に関係を続けている。

 

 

上司にバレたらクビだろうが、そんなことには気にならないくらい奥さんが可愛かった。

 

 

まとめ

 

上司の奥さんはあこがれの人、でもさすがに手は出せないので、出会い系で代わりを見つけるべくYYCに登録。

 

 

YYCに登録後、複数の人にメールを送ったところ、一人だけ返信があった。

 

 

待ち合わせの場所に現われたのは、なんと上司の奥さんで、そのままホテルに直行した。