プロフィール

劣等感が支配した青春時代

 

私は、モテルタイプの男ではありません。顔は自信ないし、スタイルも若い時から小太りぎみで足は短いし、おまけに毛深いし、外見的な劣等感はずっと抱いていました。

 

勉強ができるというわけではなく、おまけにスポーツは全くの苦手で、何一つ自分の良さを見いだせない劣等感の塊のような男でした。当然彼女なんかできるわけありません。そんな人生を20代半ばまで過ごしていました。

yjimage

特に私の人生で劣等感を深く感じたのは、中学生のころです。一部の同学年の心ない女子生徒から”気持ち悪い”と嫌われてそれが心の傷を深めて、女性と積極的に接触出来ない性格になりました。

 

当時は言葉を省略するのは一般的でなかったですが、今でしたらさしずめ”きもい”といわれもっと嫌な思いをしたでしょう。

 

思春期だったせいもあったのか、その傷はいつまでたっても容易に癒えることなく、女性と面と向かって話すことなんかできませんでした。ましてや女性とデートすることなんて考えられませんでした。

4ad820826d69d

但し、性に対しては人なみに興味があり、体も大人になるにつれて、高校時代、大学時代は余りある性欲の処理も、自分んで慰める以外に手立てはありませんでした。

 

でも、若者たちは、私と似たり寄ったりの青春を過ごしていた人も少なくないというのを後から知りました。自分以外の男性はみんな彼女がいてセックスして日々楽しく過ごしていたのだろうと思っていました。そんな思い違いが自分をますます劣等感へと引きづり込むのでした。

 

その道のプロしか相手にできない”むなしさ”からの脱却

 

やがて、社会人になって、初めてソープランドに行く機会が突如訪れました。酒に酔った先輩にいじられ、面白がられ、私がどんな感想を持つのか無事女性とHなひと時を過ごすことができるのか事の成り行きを楽しんでいるようでした。

 

私はソープランドで無事、童貞を卒業しましたが、結構年増のおばちゃんでした。こんなおばちゃんに私の童貞をささげてしまったのかと思うとむなしさがこみ上げてきました。

また、初めて、女性とセックスしたとはいえ、誘導されて挿入しただけでしたので、満足感は無かったです。ショボーン━━(´・ω・`)━━

 

yjimageDT9ABA6J

ソープランドに行っても満足感を得られなかったのは、その道のプロに機械的に処理されただけで、味気のないワクワク感のない刺激のない行為だったと感じたからです。

 

だから、普通の女性とデートしたり、セックスしたいという思いがどんどん強くなっていったのです。でも、今までの劣等感からどうしても脱出できず、友達から女性を紹介されても、上手くリードできず、1回のデートで断られること数回に及びました。

 

やはり私は、お金を払って、その道のプロに慰めてもらうほかない。いつしか、月に1回程度ソープランドに行く習慣が身についてしまいました。

 

ある時、異常に気持ちが高ぶっていたのか、1時間の時間内に3回も発射してしまいました。ソープのお姉さんが1時間に3回も発射する人はそうはいませんよ。 “よかちんちん”だねと言って褒めて?くれたこともありました。

151201502041546134508

ソープランドのお姉さんたちはみんな優しくしてくれました。女性との会話に少しずつ慣れてきたのは、ソープのお姉さんたちとの接触によるところの影響大です。

 

あるソープランドに行ったとき、そこそこ綺麗なお姉さんから帰り際に電話番号を書いたメモを渡されました。「いつでも気軽に電話くださいね」。と言われたとき、こんな私に?なぜなんだろうと不思議に思いました。

 

思いっきって電話してみようかと思ったこともありましたが、私には一歩踏み出す勇気が足りませんでした。考えすぎかもしれませんが怖いお兄さんに脅されるかもしれないという思いもありました。

 

あの電話番号のメモは一体なにを物語っているのでしょうか?少し時間が経ってから振り返ると、もったいないことをした、せっかくの千載一遇のチャンスをみすみす逃したのではないかという後悔の念と、私に対する女性の見方の変化が起こり始めているのかな?という思いもありました。

 

はじけ始めた私の性春は人妻がきっかけ

そんなある日、突然、職場のパートの女性から食事を誘われました。キタ━(゚∀゚)━! その人は私より10歳年上で、結婚もしています。

 

私は心臓がバクバク、もしかしたらセックスができるかも?でもいったいなんで私なんかを誘ったのだろうか?この人妻に私のH心を見抜かれてしまったのでしょうか?この人は女盛りの肉体を持て余していたのでしょうか?でもなんで私なんでしょうね?

 

ひょっとして私をゆするために誘惑したのか?いやいやそんなことはない!いつも職場で接触しているのでその人となりは分かっているつもりです。

 

私の頭は混乱していましたが、これは願ってもないチャンスです。考えるだけで下半身が熱くなります。私はもう欲望を抑えることが出来なくなっており、食事OKの返事をしました。

dcd673b8-s

食事をした後、どうやってラブホへ誘ったらいいのか?それとも人妻から誘ってくれるのか?どうしよう、どうしょう思い悩みましたが、思いっきって単刀直入に、ラブホテルに入ってもいい?と尋ねたらOKの返事をもらえました。

 

初めてプロではない女性とセックスすることが出来ました。興奮状態で頭の中が錯乱状態でしたので、どういう風に抱いたのか記憶があまりないのです。この人妻とはそれから数年間、月2のペースでセックスしまくりました。

 

そんな中で、彼女のもだえる姿、喘ぎ声を目の当たりにしていたら、だんだん自分に対して自信を取り戻すことが できるようになりました。( ^)o(^)

 

こんな私でも、女性を喜ばすことができるんだ!閉ざされていた大きな壁が崩れ落ちる瞬間でもありました。自信を持った私は、一人の女性では満足できず、他の女性にも声をかけたらたやすくOKをもらえたので、またまた深い関係というかセフレをゲットするのに成功しました。その人も人妻です。

この人妻は、同じ会社の人で、先に私に食事を誘ってくれた人妻とは結構仲のいい間柄です。それなりにリサーチできたので、誘えばセフレにできるなという手ごたえをつかんでいました。

 

仲のいい間柄とはいえ、まさか私とお互いが肉体関係にあるとは双方想像できないでしょうね。スケベ心に火のついた私は、お互いを誘って3Pしたいと思う様になりましたが、何もかもぶち壊してしまいそうでさすがに3Pは躊躇しました。

 

f581034d458d33cd626e244fc0235c1c

当時は出会い系サイトというものはありませんでしたが、人妻・熟女って簡単に落とせるんだ!もちろん相手にもよりますけど、人妻・熟女って潜在的にセックスに満足していない人種なんだと感じました。

 

旦那とのセックスはマンネリ化して刺激も興奮もない味気もないものと感じる人妻は少なくないということが分かりました。だから、アタックすればたやすく落とせるのです。

 

すっかリ自信を取り戻した私は、人妻だけではなく、未婚の若い女性ともデートしたり、時にはセックスしたり、まさに青春、いや性春を謳歌して楽しい日々を過ごしていました。

 

中学生時代、女性に気持ち悪いと言われ、落ち込み暗い思春期時代の後遺症を引きづってずっと生きてきた私を立ち直らせてくれたのは人妻です。

 

やがて、インターネットが発達して出会い系サイトが誕生したおかげで、今まで以上にセフレを簡単にゲットできるようになりました。私はかれこれ10年ぐらい出会い系を利用して十分楽しみましたが、最近はもう引退気味です。

 

遊び疲れてしまったのか、また年を取って体力が落ちてしまったゆえなのか欲望が薄らいできました。でも散々出会い系で知り合ってセックスしまくったので満足です。

最後に一言言わせてもらえば、セックスを楽しむんだったら、やっぱり人妻・熟女が最高です。出会い系サイトを使えば、人妻・熟女と比較的簡単にセックス出来ます。

 

人妻・熟女は私にとって天使です。精神的にも、肉体的にも癒される存在なのです。比較的簡単にSEXに持ち込めるし、後腐れなく付き合えるので、人妻・熟女は私にとって宝ものです。

 

簡単に手に入る宝物なんだから積極的に探しに行きましょう!皆さんのご武運を願ってやみません。