メールテクニック/普通の人妻

共働きもしくは子供のいる場合と無い場合など、普通の人妻のケースではいろいろなタイプがあるのでタイプに合わせた戦略が必要になってきます。


また、あなた自身からメールを送らなくても、人妻はアクティブに出会い(SEX)を求めていますから、メールが幾らでもきちゃうんです。


メールを送る女性は例外なくサクラであると勘違いをしている男性は多く見られます。しかし普通に結婚サイトにおいても出会い系サイトだとしても女性は積極的に男性にメールを送ってくるものなのです。


さて、ここでは紛らわしいので、あなたからメールを発信する手法をレクチャーしましょう。 最初に、あなたお望みの人妻のプロフをチェックし、下ネタとは別のポイントに注目することをおすすめします。


「不倫」をしたいと思う様になった経緯が記載している傾向が見られます。 寂しいから、旦那が不倫しているため私も、主人が長期間不在なのでチャンス…などなど。 ここのところに「同調」してそこを突くことが普通の人妻と巡り会うメールテクニックです。


但し、メールの記載方法にはテクニックがあり、1通目のメールから同調するような書き込みを記載しますと警戒され、反発されやすいです。その結果逆切れメールが来たり、黙殺されたり、サイト内でブロックされたりと散々な結果になりかねません。

lswkt9sf


1通目のメールでは簡単な挨拶程度にとどめて、あなたのプロフに興味をもったので、メールしましたという感じがいいと思います。


また、「即会い」を望んでいる人妻に関しましては「あなたのご都合に合わせられますけど、僕であっても会ってくれますか?」といった内容を記載しても問題ないです。


長文のメール文章自体は、問題なく普通の人妻だったら読んで貰えますので、さりげなく、自己アピール等も記載しておくといいでしょう。重要なところは「あなたのプロフに興味があって」という部分です。


出会い系サイトを利用している不倫希望の人妻なので、「一夜限りの割り切りで」「女友達と一緒にいるので3P希望」などなど、非常に明確な表現で濃い目のエッチ希望がプロフに書き込みされています。


最初から相手のプロフにつられて同じエッチ希望なので会いましょういう内容のメールを送ると、冷やかしと受け取られる可能性があります。


また、おそらく、幾つものはっきりとしたエッチ目当てのメールが人妻には来ていると言えますので、わざと1通目のメールは、エッチには触れずに、紳士的に振る舞うのがキーポイントです


また、紳士的に振る舞うと同時に、相手が返信しやすいように文章を作成すれば、かなりの確率で返信が来るはずです。 2通目のメールでは、返信に対する礼を述べて、 人妻からのメール内容に則した文面を作成します。


ここでも、紳士的な内容を心がけて、、相手のメールを読んで真面目にメールを返信していることを相手に解るように仕向けます。 尚、エッチなことが書いてあった場合は、それとなくソフトな表現で、相手と歩調を合わせることも必要です。


但し、あまりあきらさまな表現はさけ、多少オブラートに包んだ表現を心がけて下さい。 「会えばSEX」することが出来ますので、何はともあれ歩調を合わせて待ち合わせの確約をしてしまうのがカギになります。